結婚相談所でアラフォーに必要なのは経済力

アラフォーが素敵な結婚をする為に必要なこと


結婚相談所-アラフォー-男性-画像

アラフォー男性が結婚相談所で幸せを掴みむ為に必要なものは「経済力」です!

これだけ聞くと、なんか嫌な響きですが、それにはしっかりとした理由があります。

アラフォー男性のあなたが結婚相手に望む女性の年齢は何歳位でしょうか?

おそらく35歳以下の女性を望まれる男性が多いと思います。

そして、35歳以下の女性が最も結婚相手に望む条件こそ「経済力」という訳です。

以下のグラフは、厚生労働省の関係機関「国立社会保障・人口問題研究所」が、「40~44歳の独身男性」について調査した結グラフですが、

「35位歳以下の女性」を希望する男性は、全体の65.2%という結果が出ています。

40~44歳の独身男性が希望する結婚相手の年齢


結婚相談所-アラフォー-画像
(国立社会保障・人口問題研究所/出生動向基本調査による)

この結果は単に若い女性が良いというからという訳ではないようです。

その一番の理由は子供の事があるからです。一般的な医師の見解によれば、女性の出産年齢は「35歳が一つのボーダーライン」とされていますので、そういった事を、意識的にしろ無意識的にしろ本能的な部分で男性は感じているからでしょう。

女性の高齢出産はリスクが高くなりますからね。

因みに、40代独身男性が希望する子供の数はこんな感じです。

40代独身男性が希望する子供の数


結婚相談所-アラフォー-画像
(国立社会保障・人口問題研究所/出生動向基本調査による)

68.5%もの40代独身男性が子供を2人以上望んでんいるんですね。

では、結婚相談所を利用する35歳以下の女性が最も求めるものこそ「経済力」と言いましたが、これにもちゃんとした理由があります。

30代の未婚女性が結婚相手である男性に求めるもの


結婚相談所-アラフォー-画像
(平成26年度「結婚・家庭形勢に関する意識調査」」)

経済力がある57.4%恋愛感情41.9%容姿が好みであること23.3%年齢15.5%。

この結果を見て分かるように、女性は現実的です。当然、子供を身籠るのは女性、働く事も出来なくなりますから、しっかり安定した環境で子供を育てる必要がありますので「経済力」が高いのは納得です。

一方、恋愛感情が40%台なのはちょっと安心しました。お金だけが目当てではないという事ですから。(笑)

30代の未婚女性が求めているものは、しっかり生活しているだけの収入があって恋愛感情も抱ける男性。容姿、年齢はそこまで関係がないようです。

そして、同調査で30代未婚女性が、結婚相手の男性に求めている「結婚生活に必要な夫婦の年収」は、

・600万以上:31%
・800万以上:9%
・1000万以上:2.5%


との結果が出ました。

この数値は理想の年収ではなく「結婚生活に必要な年収」

これより年収が低いと、残念ですがスタートラインに立つのも難しくなるという事です。
これも「経済力が最重要」という理由の一つです。

しかし、ある意味、40代のそこそこの年収がある男性にとってはチャンスです!

30代の男性で600万以上年収入がある男性は10%もいません。
(明治安田研究所2014年調査結果より)

経済力を最重要視する30代の女性たちが、結婚対象の年齢を40代まで広げていることで、40代の男性にとってはとてもチャンスなのです!先程のグラフの結果のように、年齢はそこまで重要ではないうことですから。

40代の男性が若い女性を求める一方で、30代の女性は安心して暮らせる経済力を求めているのです。

そんな、あなたにオススメなのが結婚相談所!

40代男性で本気で結婚を考えているなら結婚相談所に限ります



結婚相談所-アラフォー-画像
(総務省国勢調査及び人口動態調査より)

2015年では40代男性の未婚の割合は31.4%。ほぼ3人に1人が未婚です。

40歳を過ぎると結婚する男性が激減してしまうので、40歳の未婚率は、ほぼそのまま50歳代の未婚率(生涯未婚率)になるみたいです。

「お見合い結婚」が無くなった事が、現社会の未婚率に繋がっているようですね。

今はご自身、自らが婚活をしない事には始まりません!

2014年の1年間に、40代手前の39歳の未婚男性ですら結婚した割合は僅か2.8%です…。

婚活といっても、「婚活サイト」「婚活パーティー」「結婚相談所」など色々とありますが、最も有利なのが結婚相談所です。

40代の男性には正直、婚活パーティーや、婚活サイトは厳しいです。

例えば、某婚活サイトでは、男性利用者の平均年齢は30代。30代の未婚女性が容姿や年齢は左程求めてないとはいえ、30代男性、40代男性の経済力が同じだったら間違いなく30代男性に軍配が上がります。

婚活パーティーや婚活サイトでは、年収や勤務先を証明書などで確かめません。ですので、ナンパ程度に軽い気持ちで参加し年収を誤魔化しているイケメン君なんかも普通にるようです。

そうなってくると、そこでまとまにやり合っても勝つのは難しいでしょう。

一方、結婚相談所では費用もそれなりにかかるので、アラサー男性が結婚相談所に登録している事がそもそも少なく、ナンパ目的のイケメンなどの余計なライバルもいません。

年収や職場を全て書類で確かめられ、それを元にプロフィールを作るので嘘はつけませんし、40代男性にとっては自分をアピールする事ができます!

男性、女性共に結婚に対し本気で臨んでいる。

このように、経済的に余裕があって、婚活を進めて行きたい男性にとっては「結婚相談所」が最も適しています。婚活の成功率はグッと高まりますよ。

お進めの結婚相談所の紹介


40代のあなたにとって、最も適しているのは成婚率の高い結婚相談所です!

とはいえ、この「成婚率」というのが曲者で、各会社によって成婚率の算出方式が違うので、単純にここの結婚相談所の成婚率が高いから良という訳ではありません。

当サイトでは、各結婚相談所の成婚率を一律に揃えて算出しましたので、その中からオススメの3社を特色も添えてご紹介します!

結婚相談所事にはそれぞれの特色があり、人それぞれ合う合わないがありますので成婚率が全てという訳ではありません。それぞれの特色も1つの目安として参考にして頂ければと思います。

・出来るだけリーズナブルな結婚相談所をお求めのタイプの方!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

成婚11万人 ≫リーズナブルな楽天オーネットの無料資料請求はこちら!
他社の結婚相談所と比べて料金がとってもリーズナブル!

支社数も42店舗とトップ!全国展開していて身近で利用しやすい結婚相談所といえるでしょう!

・活動開始から1年以内に成婚した人64.9%のパートナーエージェント
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結婚情報 ≫コンシェルジェの手厚いサポート!パートナーエージェントの無料資料請求はこちら!
コンシェルジェの手厚いサポート!自分でグイグイいけないタイプの方にはこちらのパートナーエージェントの「コンシェルジェコース」がおすすめです!

何といっても成婚率の高さ!コンシェルジェの協力なくして得られません!

2016年4月調査(2015年4月~2016年3月の1年間の成婚退会者実績)
・男女約56,000名の大規模という安心を求めるタイプの方はこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京 結婚相談所なら

≫業界トップの会員数(56,000人)を誇るIBJメンバーズの無料資料請求はこちら!

男女約56,000名(IBJ加盟相談所全会員:2016年1月時点)という規模間!

「お相手検索」と、カウンセラーからの「お相手紹介」による理想のお相手が見つかります!


自分でも、じっくり調べたい人!楽天オーネットパートナーエージェントの資料もまとめて取り寄せたい人には下記の一括資料請求!

楽天オーネットとパートナーエージェント意外にも大手結婚14社の相談所の資料も取り寄せる事が出来ます!
・じっくり調べたい人はこちから取り寄せると便利です!楽天オーネットとパートナーエージェントの資料もまとめて取り寄せる事が出来ます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

結婚サービス比較.com
結婚サービス比較.com ≫一括で取り寄せる!自分でじっくり調べたい!

<<コラム≫結婚相談所に通うアラフォーの男性はどうなのか?
別れた後もお酒に酔うと電話をしてきたあの人。…

続きはこちら

私の結婚相談所の噂を聞いたと受話器の向こうでくもる声。
一度だけでもと願う気持ちと、もう引き返せないのだからと言い聞かせる気持ちに心が揺らいでいたアラフォーの自分。

今にして思うと、結婚相談所に通い出した事て、あのときの電話が最後のチャンスだったのに、アラフォーの私たちはもう二度と会えないふたりになってしまったのです。
アラフォーに突入したのは息子が生まれて間もなくの頃でした。
会社の同僚でもあった東京の友人からあの人が亡くなったことを聞かされたのは。
病気であったのか、事故であったのか、それとも……。
噂は遠く離れたアラフォーの私にむごい思いを強いるものです。
私は信じています。彼はそんなに弱い人じゃないと。

結婚相談所に通っていたので、お墓にもお参りできないまま今日まできました。
アラフォーの私は、まだあの人が亡くなったことを認められずにいるのかもしれません。
けれどもう、何を悔やんでも過去のこと。
先の一周忌には、アラフォーの彼の好きだったディオリッシモの香の中で掌を合わせ、思い出に封印しようとアラフォーの自分自身に言いきかせました。
息子は日々成長し、可愛い笑顔を見せてくれます。
何も知らずに俊しく包んでくれた結婚相談所で知り合った主人は残業続きで深夜の帰宅が多いこの頃です。
アラフォーの私にとってはこれが十分すぎるぐらいの幸せな家庭なのです。

結婚相談から帰って来て、家事の合い間にTVのワイドショーなどで恋人の自殺について語らされるタレントの方の姿を見ると、胸がしめつけられる気がします。
結婚相談所を利用した事がまわりの人にとっての事実はどうであれ、彼女の中ではアラフォーの愛しい人は生きているのです。
ずっと永遠に心の底で生き続けるのです。

アラフォーを迎えた私のたわいもない結婚相談所に関する話を長々と書いてしまいました。
子どもが昼寝から起きたようです。
アラフォーの私は私なりにこの生活を守り続けていきたいと思います。
それが私を愛してくれた、大人にしてくれたあの人への供養となると今は信じてい
ます。

結婚相談と死が分かつ愛

あれは藤あや子さんの事件があった冬の夕暮れのことでした。
同じ男性と不倫の愛をかこって十年になるアラフォーの女友だちと会いました。
アラフォーの私たちは西麻布の和食のお店で結構、健唆ぶりを発揮して、大いに盛り上がりました。
彼女は仕事をかわったばかりで、新しい職場と彼女の任かされた大きな責任と、かなりアップした給料のこと、結婚相談所に行き始めたことを矢継ぎ早に話し続けました。

お料理はとても満足のいく味で、ボリュウムは計ったようで、アラフォーの私たちは幸福な気持ちで冬枯れの街に出ました。
目の前の道をクルマのライトが風を切り裂き、アラフォーの私たちに本当は今日、会って話すはずの結婚相談所の話題の切り込んでいないことを痛感させていました。

アラフォーの私達ふたりが本当に話したかった結婚相談の話を。

本当は気づいていたのに。
結婚相談所の話を言い出せなくて、他の話題ばかり探していたのです。
少し歩いてぼんやりした看板の、いつものバーに吸い寄せられるように入っていきました。

ジントニックを頼むと、アラフォーの彼女はこっくりと黙りこみました。
音楽のないお店です。
他の客の低い話し声だけが流れています。

「結婚相談のあの男が死んでくれたらね」とアラフォーの彼女はポツリと言いました。

私はわかっていたけれど、わざと明るく訊いたのです。


「誰が?」彼女は瞳を大きく見開いて、「わかってるでしょう」と言ってにらみました。

私はふっと笑いました。


「奥さんが?それともアラフォーの彼が?」「彼がよ。彼が死んでくれたらねって、思う」と彼女は言って、オリープをつまんで上品に口の中に入れたのでした。
藤あや子さんのマンションで、彼女のつき合っていた妻子ある男性が自殺した事件で世の芸能マスコミは大騒ぎしていた頃でした。

その男性は、藤あや子さんに結婚をせまられ、家庭との板ばさみに悩んでいたとも、

藤あや子さんにプロポーズしたものの、受け入れられず、苦しんでいたとも伝えられ、

その真相は彼の遺書があるわけでもなかったから、闇の中に隠れたまま、時は過ぎようとしています。
同じような死といえば、荻野目慶子さんのつき合っていた男性が彼女の部屋で自殺したことを思い出します。
「彼がって、彼が死んでどうなるっていうの。
誰も幸せにはなれないじゃない?」「私は生きていけるわ。
彼が私の部屋で死んでくれたら、その死を受け止めて、生きていける」私の友人は真剣にそう言うのです。
「死は風化するよ。きっと、あなたも彼を忘れるわ。ううん、忘れるんじゃない。心の中に生き続けても、現実に流されて行ってしまうわ」

「そんなことないわよ」彼女は、ちょっとぷっとふくれました。

「奥さんが死んでくれればって思ったこと、あるけどね」私はふっとある結婚相談の事を思い出しながら言いました。
実はそういうことが結婚相談所で本当にあったのです。
アラフォーの旦那さんが家に帰ると、奥さんが自殺していて、そのかたわらに離婚届があったのです。

その男性と不倫をしていた女性は今、一緒に暮らしていますが、入籍はしていないそうです。
「でも、結局、九十九パーセント、誰も死なないのよね」、アラフォーの彼女はいつもの彼女らしく、笑って言いました。
私もほっとして「そうよね」とうなずきました。

「やっぱり、結婚相談所の事で死ぬほど悩むとかって、なかなかできないと思わない?」「うん、どっかで適当に折り合いつけて生きてっちゃうもんね」
「だから、家庭内離婚なんていうのがあるのよね。
結婚相談所を利用したら離婚すらできずに、体裁をつくろって生きていける」たぶん、不倫の恋をして生き抜いていくには、未来に対して過大な期待をしない、相手に対して理想を押しつけない、

自己制御が上手にできることが必要条件だと思うのです。
そして、純粋すぎないこと。
追いつめすぎないこと。
でも、もし、アラフォーの自分たちの愛が、彼のパートナーである奥さんを死にいたらしめたとしたら、私なら、一生、立ち直れないと思います。
それを考えると、結婚相談所はアラフォーにとって、とても酷なものだと実感するのです。
もちちん、その逆は今までもありました。
結婚相談所で知り合った愛人たちの死です。
ただそれはとても当り前のように受けとられ、むしろ、美しいものとして描かれてきたように思います。
アラフォーの男は罪の重さを背負ってハードボイルドに生きる。
これは男の論理なのでしょうね。
ただ、アラフォーの私は今、結婚相談所を利用しての命がけの恋や愛はホントに少なくなってきたと思うのです。こざかしく上手に恋はできるんですけどね。
そういう意味で、荻野目慶子さんや藤あや子さんのつき合っていたアラフォーの彼は不器用だけれど、本当の愛に生きていたと言えるのです。

「凡人にゃ、無理かな」彼女は言いました。
外はもう木枯しです。
コートの衿を立てながら、アラフォーの私は「凡人でもいいじゃない。死ぬよりましだと思うけど。
生きてナンボの結婚相談所よ。
自分から降りちゃうなんて、つまんない。力強く生きよーぜっ!」と、アラフォーの彼女の肩をドンと押しました。
そうです。
人生にたった一度や二度や三度しか、結婚相談所でホントの恋ができないってことはないんですから。

閉じる