結婚相談所で結婚できる人のまとめ


結婚相談所-結婚できる-画像
長すぎた結婚相談所の恋に終止符を打つとき

三十歳を過ぎたあたりから、年を重ねるごとに、時の流れの早さに驚いてしまう私。
結婚相談所とかで紅葉した木々にふと目がいって「もうこんな季節!早く結婚できる準備をしなくちゃ」とあわてふためく、こんなことはたびたびです。

結婚相談所に通っている今は一年をもっと長く感じたと年配の方なら、誰しもそう言います。

結婚相談所に通いフリーターなどしながら、のらりくらりと日々結婚できるかどうか悩んでいる若者たちには、時間的な焦りは実感できていないでしょう。
大人たちに早く結婚相談所に行って結婚できるよう頑張れ、時間の無駄づかいだとやんややんや言われても、その時間の浪費たるもの何ぞや、とピンとこない、それが若さなのでしょう。

二十代までは結婚相談所、物、遊び、何ひとつとってもすべてが新鮮です。
毎日が新しい発見の連続と言ってもいいかもしれない。
だからこそ時の流れなど、意識にないのです。
ちょうど、何かに夢中になっているとき、結婚できるかどうかを忘れているのと同じです。

でも、結婚相談所では個人差はあるけれど、三十歳前後の頃から、突然、結婚できるかどうかを意識するようになるものです。

もちろんそれには、仕事や結婚相談所との兼ね合い、人生のターニングボイントの時期にさしかかる社会的背景があるけれど、

いろんな経験をある程度すれば、物事はそう新鮮に映らない、言いかえれば、結婚できるかどうかを忘れるほど夢中になれるものがだんだん少なくなっていくのです。

それは結婚相談所でも言えることで、二十代の始め頃は、ちゃらんぼらんのいい加減な男との恋、本当に結婚できるかどうかを考えればすぐ別れる、

使い捨てライターのような安っぼい結婚をしても、「いつかそのうち素敵な結婚できる相手に巡り合える」と、次なる期待に胸ふくらませるのです。

ところが、二十歳後半にさしかかったあたりから、結婚相談所へ通うことは焦りへと変わっていきます。
突如、結婚できるかどうかを意識するようになって、無駄な時間を費やすような結婚相談所の過ごし方はしたくない、と目覚めるのです。

結婚できることを前提とした恋。
あるいは結婚相談所で知り合った人と、結婚しないにせよ、恋愛相手には深く信頼し、理解し合える男性を求め、
人生のパートナーとしてずっと長くつき合っていきたいと思うようになるでしょう。

不倫の恋の場合、悲しいことに、相手の男性とハッピーエンドになれない。
奥さんや子供の障害がある限り、けっして結婚できることのない恋です。
でも新鮮なことや刺激的なものに魅かれる、多感な二十代の頃はその苦しみがかえって恋の炎に油を注ぎます。
ましてや、時間的に焦りも感じない。
だから平凡な結婚相談所には目もくれずに、妻子あるその人との関係が長く続くというケースは少なくありません。
おまけに、この手紙の女性のように、彼と結婚できると約束を交わしていたら、「いつかきっと結婚できる」と期待して、

そのいつかいつかが積もり積もって十年となってしまうのです。
二十三歳から十年。
十年ひと昔、と言います。
ひとくちに十年と言っても、その間には、いろいろな結婚相談所での葛藤があったでしょう。
きっと何度も別れを意識したことでしょう。
別れようとしても「ひょっとしたら、そのうちに」という期待心が、結婚相談所での決心を鈍らせ、気がついたら三十三歳。
今、この女性は時の流れの早さに愕然とし、結婚できるかどうかが、叶いそうにない現実に嘆き苦しんでいる。
こうして手紙をくださったのは、本気で彼と別れようとしている証拠でしょう。

結婚を急ぐと、今こそ本腰を入れて不倫に終止符を打つ時期だと思います。
この女性が時間の焦りがないまだ二十代なら、話はちがってきます。
まわり道をしたり、道草をくったりする結婚相談所の期間も一人前の女性になるための経験。
自分で納得がいくなら、シングル同士の恋であろうと不倫であろうと、おおいにエンジョイして、とエールを送りたい。

でも三十歳過ぎた女性には、時間を無駄にするような恋はすすめたくありません。
とくに先行きどうなるかわからないような結婚観は、時間の無駄どころか、精神的にもキツすぎます。
早く彼との結婚できるかどうかも分からない関係に終止符を打って、新しい人生を歩んでほしいと思います。
新しい自分への自己変革。
それは今なら、まだ間に合います。
この女性のような、いわば腐れ縁的な関係は、時が経てば経つほど、もっと深みにはまってしまいます。
アルコール依存症というものがありますね。
お酒を飲むのが習慣化して、やがて少しの酒では酔えなくなってしまう。
どんどん酒量が増えて、止めようと思っても止められない。
長すぎた不倫の恋の場合、悲しさ、苦しさがお酒に当てはまります。
悲しむことに慣れっこになって、結婚できるとか、結婚できなくてもいいと我慢できるようになってしまう。
結婚相談所を利用しているにも関わらず、いつも悲しみと隣り合わせにいる人生なんてつらすぎます。
もっと自分を大切に、可愛がってほしい。
愛する人との別れはつらいものです。
新しい生活を始めるのは、不安で寂しいし、決心が鈍るでしょう。
新しく恋なんてできっこないと、これまでの彼と結婚できるかどうかについて執着もするでしょう。
でも、別れの時期の苦しみよりも、これから先も実らぬ恋を続けている方がずっとヘビーです。
勇気を出して、長すぎた結婚相談所通いから卒業する。
今こそ、その時期です。
かの本田宗一郎氏の名言に「行動は結果を生む」というものがあります。
幸せな結婚を望むなら、それができない現状を嘆いていないで、まず行動しなくては。

そして、いざ別れがきたら、絶対に過去を悔やんでほしくない。
彼のことを責めることもしないでほしい。
彼を選んだのも自分、長くつき合ったのも誰のせいでもない、すべて自分の起こしたことなのです。
この十年は無駄だった、と嘆くのは自分のこれまでの結婚相談所の経験を否定するも同然です。

新しい自分を始めるときは前向きに笑顔でいなくっちゃ。
自分を責めるようでは、新しい素敵な女性に生まれかわれるわけがない。
この十年があったからこそ、自己改革の決心ができたとプラスに受け止めて、新しい一結婚できるような一歩を踏み出してほしいものです。


不倫から結婚

私たちの結婚、私たちの現在。

「結婚できるかどうかの分からない恋の結末は、九十九パーセントが別れだ」と有川さんは本に書いていらっしゃいますね。
私も、そう思って、彼と七年間おつき合いをしてきました。
私はただただ彼のことを考え、彼によかれと思うことを自然に行なってきたのです。
そして、今、私はその不倫の彼の”妻“となって暮らしています。

私は当時、フリーに成り立てのイラストレーターで、二十五歳でした。
結婚できると思っていた彼は八歳上の銀行マン。
彼とのおつき合いは、彼の銀行のパンフレットを作るという、仕事がらみのものからでした。
何度も打ち合わせを重ねているうちに、気がつけば彼の人柄に惚れ込んでしまっていたのです。
そして、皆さんと同じように、自然と男と女の関係になっていきました。

だれしもそうであるように、「結婚できる」かどうかを考え始めるのは女の方。
でも、彼には家庭があるという現実。
つき合い始めて、半年後に「結局、遊びなんだわ」
というヒロインチック症候群に襲われ、二年、三年と経つうちに「別れよう」と決心。
でも、結局、尻切れトンボに終わり、また一年の月日が過ぎました。
この時、報われないということがこれほどつらいことなのかと、始めて知りました。

そんな状態で、よいイラストなど描けるわけがありません。
絵は正直です。
私の潜在意識にある「不安、嫉妬、妬み、憎悪」などすべてが、白い紙の上で暴れまくっていました。
それを見出したとき、ゾッとしたのです。

「人に夢をあたえ、人の心を和ませるはずの絵なのに……。
これを見ても、ちっとも楽しくなれない」
そして、自分と彼との結婚できるかどうかを考えました。
見えてきたのは、〈どこにも出かけず、ひたすら彼の連絡を待つ私〉〈結婚してくれないとイラだって彼に当り散らしている私〉
〈自分の今の状況から逃げだそうと、バーでお酒をたくさん飲んでいる私〉〈彼が部屋を出ていった後、寂しさと空虚さに押しつぶされそうになっている私〉。
どの私も、結婚にとらわれけっして前向きではありません。
彼に対しても、今までは「奥さんといるより、私といた方が楽しいからだ」という思い込みだけだった気がします。
どれも、「自分がなく、気分で自分と相手を振り回しただけ」という自己満足的な、子供っぼい恋のプロセスでした。

それから一週間。
彼には「急な仕事で時間が取れないから会えない」と伝え、彼と私のことを考えつつ、自分のためにと何枚も絵を描きました。
十日目に、ようやく元の私らしい、明るい優しい絵が完成したのです。
そして、私自身の気持ちも決まりました。

「明るい未来のある結婚できるかどうかも不明な恋かも知れないけれど、あと一年、彼と私がステキな恋人同士だったという思い出を山盛り作ろう」っと。

これが、不倫五年目のことです。

私が前向きに明るく一日ごとを暮らすようになってから、仕事は増え始めました。
彼の世話は今まで通りやっていて結婚できるかどうかも左程気にならなくなりました。
ところが、会っているときの彼の顔には前のように疲れた表情はなくなり、活発さが戻ってきました。
仕事も、前にも増して順調で昇格の話も出たとか。
そして、私の部屋に来る回数が増えてきました。

以前なら、諸手を挙げて大歓迎の私でしたが、その頃は彼を大切に思う分だけ、結婚できるかどうかは考えず、彼の家庭内でのトラプルを避けたいと思うようになっていました。
それで、心を鬼にしてキチンと家に帰るように話をしたのです。
そして、一週間後。
「身勝手だが、君なしでの生活は考えられない」と、彼に結婚できる意志、プロポーズされたのです。

私たちが結婚できたのは、彼が離婚できた一年後です。
もちろん、離婚が決まるまでは結婚できることはありませんでした。
これは、不倫の恋を結婚という形で成就させるための、最低限のルールだとふたりで話し合ったのです。

離婚も、スムーズにいったわけではありません。
基本的には彼の身勝手なのですから。
慰謝料は、彼の貯金、マンションなどすべてを含めてできる限りを支払い、狼育費に関しても、これからできる限りの額を振り込んでいます。
また、幸いにもイラストの仕事を細々ながら続けられていますので、私の一存で彼の子供のために貯蓄を始めました。
結婚できるといえど、家計的には、けっして裕福ではありません。
でも、これは「不倫の恋を結婚という形にもってきた」私たちが心の豊かな結婚できるかどうかの授業料なのです。

今日は日曜日。
子供に会いに行っている彼のいない間に、この手紙を書きました。
帰ってきたら、彼の子供のことをふたりで楽しく語り合うことになるでしょう。

有川さん、不倫の恋は女の気持ち次第でよい恋にも、悪い恋にもなるんですね。
貴女の本を読んで、そのことを知っていてよかったと思っています。