ユーブライドパーティーに参加してきました♪


パーティーに参加してみて


12月某日、大阪にて開催されたユーブライドパーティーが主催する30代前半限定のパーティーに参加してきました。
gate
会場に入った途端、我が目を疑うほどに男女ともレベルが高く、「え?こんな美人やイケメンがなぜ!?」と思いました。

結論から言うと連絡先の交換はあっけないほどカンタンに出来ます♪

精悍な顔立ちの男性や清楚できりっとした美人が多い中、私のような箸にも棒にもかからないような普通の容姿をしていてもカップルが成立して連絡先の交換ができました。

カップルが成立した証拠の写真です。
couple



カップル成立率高!と謳うだけあってカップリングの成立する確率は平均50%と高く、平日の夜に開催されるものに至っては100%で成立することもあるそうです。
party


カップルになるコツとしては男性側から話しかけてあげるということです。積極的に私から話しかけた結果インプレッションカードが驚くべきことに…





なんと…参加している半分の女性が私の事を好印象だと思ってくれたようです。
impression2
≫カップル成立率高!平均50%を超えるカップル誕生率を誇るユーブライド主催のパーティーでパートナーを見つける

パーティーの流れ


パーティー会場

大阪のとあるホテルのイベント会場で行われます。
今回、私が参加したパーティーは写真のようなホテルの会場でしたが、カフェで開催したりもするようです。
hole map

会場入り口での受付を終えると席に案内されます

受付で身分証明書を確認してもらった後にスタッフの方が席に案内してくれます。

実は席に案内されると、その段階で男女全員が見渡せます。みんなキョロキョロしてますので、自分の場合だと自動的にロックオンしちゃってました。そしてスタッフの方から「こちらに座ってください」と案内された時には既に女性が目の前にいるので、すぐにドキドキが始まります。

席に案内され座ると、以下の4点が挟まれたバインダーが用意されています。
1.プロフィールカード
自身のプロフィールを記入します。これを女性と交換して会話をしていくので出来る限り詳細に書きましょう。

2.インプレッションカード
印象に残った女性の番号に○を付けるカードです。

3.ファイナルカード
「気になった女性」や「もっと話したい女性」を第3希望まで記入します。

4.メモ
パーティー中に会話をした女性の名前と番号、その女性に対して抱いた印象を記入していきましょう。


プロフィールカードの記入

prof 記入する項目は以下のようになっています。男性の『年収』と女性の『得意料理』が唯一異なる部分です。
①名前(姓のみ)
②年齢
③現住所(都道府県)
④出身地(都道府県)
⑤職業
⑥血液型
⑦休日(土日休み・シフト制)
⑧結婚歴(あり・なし)
⑨最終学歴
⑩男性→年収、女性→得意料理
⑪結婚についての希望(1年以内・3年以内・じっくり付き合ってから・いい人がいれば)
⑫たばこ(吸う・吸わない)お酒(飲む・飲まない)
⑬趣味
⑭自分の性格を一言で言うと?
⑮兄弟構成
⑯休日の過ごし方

プロフィールカードを記入している間に参加する方も続々と現れ段々席が埋まっていきます。
パーティー開始までにスタッフの方がウーロン茶を出してくれます。

人数がそろっていなくても時間になり、司会の方が合図をするとパーティー開始です。
※ドタキャンする人や遅れてくる人も毎回男女ともに1人くらいいるようです。

司会者の簡単な説明が終わった後
「それでは始めさせていただきます。」の一言でパーティが始まります


1週目の開始(まずは2分間)

1人につき2分程度、プロフィールカードを交換して会話をします。
mapImage
女性が食いつく項目は『職業』・『趣味』・『休日の過ごし方』が多かったです。出身地や血液型など共通点があれば、そこからも話を広げやすかったです。

そのあと、交換したプロフィールカードを戻して、メモにどんな女性だったのか記入した後、バインダーとお茶を持って矢印の方向に移動します。もちろん司会の方が時間の経過や席移動のタイミングなどは指示してくれます。

1週目が終了した後

インプレッションカードに気に入った女性やもっと話してみたいと思った女性の番号に○を付けます。

これについては上限がないので“気になった女性”“印象の良かった女性”“もっと話したいと思った女性”の番号には素直に○を付けておきましょう。

2週目の開始(じっくり5分間)

2週目は1人につき5分程度お話しする時間があります。1週目では聞けなかったことやちょっと深い話などをしていきます。

2週目を回っている最中に1週目終了後に記入したインプレッションカードに何番の女性から○を付けてもらったかがわかるようになって返却されます。

2週目が終了した後

ファイナルカードにもっと話したい女性の番号と名前を第3希望まで記入します。
正直な話、カップルになりたかったらインプレッションカードで○を付けてくれた女性を選べば間違いないと思います。

しばらくするとスタッフの方が記入の有無にかかわらず必ず回収していきます。
ここで記入していないと連絡先の交換は絶対にできないと思うので、話していてちょっとでも心が揺れた女性がいれば記入しておきましょう。

集計タイム

全員分の回収が終わるとスタッフが集計に入ります。

スタッフが集計している間はアンケートの記入をするのですが、項目が結構多く集計の待ち時間はアンケートの記入でほぼつぶれます。

集計完了後、カップルの成立不成立にかかわらず男性に青い封筒、女性にはピンクの封筒が配られます。
letter

結果発表

封筒の中にカップリング結果のカードが入っています。

第3希望まで記入した番号の女性が自分の番号を記入してくれていれば、晴れてカップル成立です。
couple guts2


この時は3番の女性とカップルになりました。

小柄で栗色の髪とまぶしい笑顔がよく似合う人目を惹くほど愛らしい女性です。参加女性の中では群を抜くかわいさでした。

参加男性は全員、その女性を狙っていたように思いました。





パーティー終了後

パーティー終了後、女性から先に退出します。

自分が誰とカップルになったのかは結果のカードを見た段階でわかっているので、女性が出ていくときに軽く会釈なんかをしてみたり、出口で会って改めて何を話そう…と思ったり。学生時代に初めて出来た彼女と一緒に帰ろうとして校門で待ち合わせた事を思い出して、少しドキドキしました。

カップルが成立した場合は女性が会場を出たところで待っているので、LINEでも電話番号でもメールアドレスでもお互いに連絡を取り合える方法を交換しましょう。

≫カップル成立率50%以上を誇るユーブライドが主催するパーティーに参加してパートナーを探す

これから参加してみようと思っている人に3つのアドバイス

advice

特に難しいことはなく、忘れがちな基本的なことを実践していけばいいと思います。


1.清潔な服装で参加すること
パーカーといったラフな服装で参加している方もいました。スーツとまでは言いませんが、せめてジャケットを着ていった方が良いでしょう。パーカーが不潔というわけではありませんが、女性からするとパーカーよりはジャケットの方が清潔に見えるそうです。

2.男性は自分から積極的に話かけること
初対面で緊張するのはわかりますが、あまり話さないと女性は『私と話してくれなかった』と思ってしまうようです。

そして、このページを見てくれた人に良いアドバイスになればと思い以下の事を書きます。

【重要】3.プロフィールカードに記入する趣味の欄は『とにかく沢山書いてください』
趣味の欄はは15個でも20個でも、多ければ多いほどいいと思います。ポイントは『とにかく沢山書く』です。

なぜかというと、2人で話すときにはお互いのプロフィールカードを見ながら話しをするのですが、こちらが「読書」と書いていて相手が「買い物」と書いてあれば、その時点から気まずい沈黙タイムが始まるのです。

相手の印象がどうでもよければ問題ないのですが、印象が良い、もっと話したいと思った相手の場合になんとか会話がしたいと思っても時すでに遅く「ミスった!」となります。

ということで以下をおすすめします。

【好きな食べ物】であれば
大カテゴリ麺類
中カテゴリラーメン、とんこつ
小カテゴリ神座、一蘭
大カテゴリ>>>中カテゴリ>>>小カテゴリのように段々とカテゴリを絞っていけばいくらでも書けます。



例えば【趣味】であれば以下のような感じです。
身体を動かすこと、サッカー観戦、見るのも好きです、Jリーグ、浦和レッズこれも大きなカテゴリ>>>小さなカテゴリの順番ですが、仮に小さなカテゴリの浦和レッズが共通点だったら、それだけで会話が相当弾みます。

私は以下のように書きました。
運動、剣道、スノボ、剣道の試合観戦、バートン(スノボのメーカー)、食べ歩き、麺類、洋食、そば、ハンバーグ、映画鑑賞、洋画、スターウォーズ、マトリックス

ここでは見やすいように書いていますが、実際にはプロフィールカードにただただ羅列しているだけです。

実はパーティーに参加するのは2回なのですが、1回目の失敗から学んで2回目に『沢山書くこと』を実践したら、それが功を奏したのか話が広がり女性からの好印象をたくさん受け胸がわくわくするほど嬉しかったです♪
impression2
≫カップル成立率50%以上を誇るユーブライドが主催するパーティーに参加してパートナーを探す